2002.08

読者からうんこに関してのメールをたくさんもらった。

水泳で自由形といえばクロールのことだ。
でも『自由形』というぐらいだからどんな泳ぎ方でもいいんじゃないか。

確かにクロールが効率・スピードで一番有利なのはわかる。
でもそれはあくまで『クロール』であって『自由』ではない。

ボクはもっとバラエティに富んだ自由形を見たいんだ!

・顔は常に水面に出ていて水中の足だけすごいバタ足。(白鳥スタイル)
・表面張力を利用して水面を滑る。(アメンボみたいに)
・どう見ても溺れている。(でもすっごく速い)

全コース違う泳ぎ方。イアン・ソープが白鳥泳ぎしたら最高に楽しい。
でもそれはそれでカッコイイとか言われちゃうんだろうな。

寝れてません。

どんなにパソコンとかPDAが手軽になってもメモするのは付箋だ。

ボクもパソコンのモニターのまわりにペタペタ貼っている。
立て込んでるときなんかモニターの枠の半分以上が付箋で埋まる。

ライオンのたてがみみたい。
頑張って付箋を一周させてたてがみを完成させたい。仕事を増やそう。
こういうシンプルな理由で仕事を頑張るのはポジティブだと思う。

でも頑張れば頑張るほど付箋も剥がされていく。
どんどん毛が抜けて病気のライオンみたいになっていってしまう。

これがボクの姿か。やっぱネコでいいや。

あーーー。

東京はものすごい雨と雷です。
家の中にいても腹に響くぐらいドコドコ鳴ってる。大雨洪水警報も出てる。

でもこれから打ち合わせに出かけないといけない。
はっきり言おう。超イヤだ。
ついさっき仕事頑張るとかコラムに書いたが完全に撤回する。

山手線の運転見合わせのニュースが出てないかあらゆるサイトを探す。
どこにもそんな記事は出てない。全然動いてる。いっぱい探したのに。

ふと気が付けばこんなことを頑張ってる自分がいる。

『やせ薬』ってなんかドラえもんの道具みたいなネーミング。

お子様ランチが食べたい。

エビフライ、ハンバーグ、ちっちゃいピラフに旗。そしておもちゃ。
まさに夢のフルコースである。大人になっても夢であることに違いはない。

しかし大人はお子様ランチを食べれない。
昔デニーズで注文して大人はダメですと断られたことがある。

でも断られて素直に引いちゃダメだ。それこそ大人の対応である。
やはり床に寝ころんで手足をバタバタさせて「やだー!」と叫んでみるべきだ。
店側に「あ、この人は子供なんだ」と認識させなければいけないのだ。

デニーズの床でお子様ランチが食べたいと泣き叫ぶことができるか。
その姿に夢はない。この辺が大人としては悩むところである。

デニーズの人からメールをもらった。ありがとうございます。

ボクはかき氷否定派だ。

自分で作る分にはいいけどお店では食べない。
だって600円とかするじゃん。ただの氷なのに。言ってしまえば水だ。

どんなにトッピングをしたところで水で薄めてるぐらいにしか思えない。
600円という値段を納得させるにはもっと魅力的な具が必要だ。

しかしいくら魅力的だからといってお子様ランチの具はダメだ。
たっぷり水を吸ったエビフライにハンバーグ。びちょびちょのピラフ。

旗だって垂れまくり。そして夢を砕かれてうなだれるボク。

今年一番の暑さらしいじゃないですか。出かけたくねー。

検索エンジンって本当に素晴らしい。

昔、とあるビデオ映画に出てた女優さんのことをやっと調べたのだ。
すごく好きだったくせに名前が思い出せなかった。
作品のタイトルもおぼろげにしか覚えていない。

わずかな記憶を頼りに何度もキーワードを変えて検索を繰り返す。

やっと画面に出てきた彼女はボクのわずかな記憶に残っていたそのままの姿。
その当時のページだから当たり前なのだがこれが嬉しい。
インターネットの素晴らしさを再認識した瞬間である。

まぁAV女優の話しなんですけどね。

バーチャやりたいけどずっと仕事。

【長嶋茂雄氏宅に刃物男】

ミスターの家に刃物を持った男が侵入して逮捕されたというニュース。
いや、まぁ無事でなによりなのだが誰もが思ったんじゃないだろうか、

セコムは? と。

この事件の真の被害者はセコムだと思う。
ミスターにしたらまた珍伝説がひとつ増えたぐらいだろう。

「セコムしてますか?」

あんたはよ?
と、これからセコムのCMを見るたびにつっこんでしまう予感。

Evo初日は6勝16敗。ウルフきついっす。

先日、仕事関係のWさんとホテルの中にある喫茶店に入った。

アイスコーヒー800円、サンドイッチ1200円。

ショック。ちょっとありえない金額。
コーヒーに金粉が浮いてたりパンにフォアグラが挟まってるわけじゃない。
ファミレスならデザートまで頼めちゃう金額だ。ちょっと忘れられない。

でもおごって貰ったのですっかり忘れていた。で、今頃コラムに書いてる。
Wさんありがとうございました。今度はボクがおごります。ドトールとかで。

なんだかんだ言ってバーチャやってる。18勝26敗。あれれ。

プレステで『ぼくの夏休み』というゲームがある。ちょっと欲しい。

小さな主人公が田舎で夏休みを過ごすという内容。
海水浴をしたり昆虫採集をしたり。ほのぼのした癒し系のゲームらしい。
ずっと外で遊んでるから主人公がどんどん日焼けしたりするそうだ。

ただこのゲームを買って夏休み中プレイしてると日焼けなんかしない。

バーチャルリアリティの罠である。真っ黒な主人公と真っ白なボク。
『ぼくの夏休み』は『ボク』の夏休みではない。

ちょっと難しくなってきたがそもそもボクには夏休みがない。

スポンサーリンク