2004.12

師走ですが仕事はまったり気味。その分ドラクエしてる。

気付けばもう12月。2005年はすぐそこ。そして来年は酉年。

酉(トリ)。干支の中でもっともアバウトな感じがする。どの鳥のことを指しているのかよくわからないからだ。

酉の次の戌(イヌ)年も同じ意味でアバウトだが、日本種と考えればそう多くは浮かばない。まさかチワワのことじゃないだろう。ここに鳥との違いがある。

しかしどの鳥かとくに指定がないということは、それぞれが好きな鳥をイメージしてもいいのかもしれない。

かっこよさなら鷲とか鷹を。かわいくいきたければウグイスとかスズメ。ほかにも白鳥や鶴など選択肢は多い。選び放題と言ってもいい。

ちなみにボクは辰年である。龍かタツノオトシゴ。・・・。

生まれながらに究極の選択を迫られている気がしないでもない。

更新もせずにいろいろしてました。

映画を観に行った。空席をひとつ挟んだ隣にはおばあちゃんがひとり。

そのおばあちゃんの座り方がいわゆる『女座り』なのだ。ボクとおばあちゃんの間のイスを下ろし、そこに横にはみ出した足をちょこんと乗せてる。

しかし間に肘掛けがあるのでなかなかポジションが定まらないようだ。どうにかつま先だけを隣のイスに乗っけている。それ楽ですか?

案の定ちょっと体を動かすだけで足がはずれ、乗っけてたイスが上がってしまう。そしてそのイスは肘掛けからはみ出したボクの肘にヒットする。

大きな音が出るシーンなどは体が反応するようで、その度にぼふっと肘にイスが当たる。前向きに考えれば臨場感たっぷりと言えるが。

ちなみに観てた映画は『ハウルの動く城』。おばあちゃんが活躍する映画だが、ボク的には違うおばあちゃんが活躍した映画になってしまった。

ハウルの動く城。動くと当たるイス。

いよいよ明日抜きます。歯。

あまりにもバカらしいのでヨン様関連のことは書かないようにしてた。

しかしこのニュースはなかなかいい。【似てない!ヨン様の等身像破棄も】

韓国でヨン様の人形作ったけど似てなくて苦情が殺到してるそうだ。バカバカしさがようやく面白いところまで極まってきた。ボクの好きな雰囲気だ。

苦情のコメントは、「国の恥だ」、「マフラーと眼鏡をすればペ・ヨンジュンになるわけではない」、「観光客が見たら逃げ出す」など。

韓国の人もヨン様のキーワードがメガネとマフラーって認識してるんだ。

やっぱり向こうでもモノマネする人はメガネとマフラーなんだろうな。半笑いで冬のソナタの音楽。それを見て違う意味で楽しんでる韓国のボク。

あとヨン様関連ですごいと思ったことは、Googleで「ぺ」で検索するとちゃんと公式サイトが一番上にくることだ。「ぺ」、て。

それなら「ペペ」で保積ペペが出るかと思ったらやっぱり全く出てこない。

スポンサーリンク