2002.01

あけましておめでとう。年賀状はまだ作ってません。

新年早々だが悔しい気持ちでいっぱいだ。
紅白でえなりかずきを見逃した。2度は見られない貴重な映像だったハズ。

これはもうCDを買うしかないのか。聴きたいワケじゃないが悔しい。
でもそれで解消するとは思えない。大舞台でやっちまった彼を見たかった。

そして何よりも悔しいのは、新年早々えなりのことで悔しがってる自分だ。
ボクにとっての2002年の幕開けがえなり。「えなり年」になってしまった。

やけくそになってえなりと同じ髪型にしてみようか。
えなりヘアー。「えなりフェア」と言ってしまってもイイ。

そんなボクですが今年もよろしく。

コラム以外のコンテンツは2002年バージョンに改装中です。
結局間に合いませんでした。まぁゆっくり見てください。

おみくじは中吉だった。

とりあえず今何をやっても「初○○」になると思う。

・初アメリカンフットボール
・初チャリンコで日本横断
・初ホーミー

今年初というか人生で初だ。しかもウソだ。
そんなのじゃない。ホーミーなんてたぶん一生しないと思う。

・初デニーズでとなりのテーブルがヤクザ
・初コーヒーのおかわりを頼んだのに忘れられる
・初今度はとなりのテーブルに派手なバンドマン達

これがホントの今年の「初○○」。
というか元旦(しかも夜中の3時)からデニーズに行くなと自分に言いたい。

ちなみに今年の初ごはんはデニーズのマンゴーでした。

おはようございます。

寝起きにヨーグルトなんか食べるとちょっとオシャレな気分だ。

フレンチトースト、サラダ、ミルクティー、そしてヨーグルト。
なんかステレオタイプな朝食だけどオシャレだ。オシャレさんだ。

でも今は夕方。そしてヨーグルトはスーパーで買った3個パックのやつだ。
現実に引き戻される瞬間。今日も地味に頑張ろう。

今日とか言ってるけどもう夕方。
そして頑張ろうとか言ってるけど用事がない。

くやしいので無理やり出かけることにする。

ぬー。

まだ年賀状を作ってる。デザインはできたのであとは宛名だ。
「遅せーよ」とかは言っちゃダメだ。

パソコン雑誌についてきたCDロムに『宛名職人』とか『筆王』の体験版が
入ってたので早速インストール。1回しか使わないんだからこれで充分だ。
メールソフトからアドレス帳を移して編集。レイアウトを決めてプリントアウト。

おもいっきり印刷される【sample】の文字。えー、マジっすか。

危うく30人分プリントしてしまうところだった。
とはいえ2枚プリントアウトしてしまった。あえてこのまま出そうか。

ボクの知り合いの方々へ。そんなカンジで遅れてますが年賀状出します。

あと、もし【sample】って書いてあっても気にしないでください。
宛名よりでっかい文字だけど。

なんか今日はスゲー寒くなるらしいですよ。

やっと年賀状が出来た。

宛名書きソフトの体験版が使えないのでいろいろやってみた。
イラストレーターでやってみたりフォトショップで試したり。
最終的にはワードで作成。これが一番効率がよかった。

えー、明らかに手書きの方が早かった気もしますが。

選択肢としていろんなアプリケーションが目の前にあるとアナログを忘れる。
引いてもダメなら押してみなの発想が出てこない。なんだ。夢中なのか。

今年はこの負けず嫌いの性格をちょっと抑えてみよう。
年賀状で知る今年の抱負。とっくに年明けてますが。

あーよく遊んだ。

新年と言えば書き初めだ。
ということで墨汁とか半紙とかを買い揃えたい。

添削用に先生が使ってたオレンジ色の墨はふつうに売ってるんだろうか。
どうせだからあのキレイなオレンジで書きたい。

・挫折
・苦悩
・敗訴

キレイな明るい色でネガティブな言葉をなんとかカバー。
でも自分の身長ぐらいあるでっかい筆で書く。

いろいろ作んなきゃいけないんだよなー。

石坂浩二になってから初めて水戸黄門を観た。
うわさには聞いていたがスゲー違和感。あきらかに若い。シワもない。

どうしてこんなに若く見えてしまうのか考えてたら気づいた。眉毛だ。
石坂浩二、カツラもヒゲも白いのに眉毛だけは真っ黒だ。

本格的に水戸黄門を演じるなら眉毛もちゃんと白くしてほしい。
もちろん眉毛だけじゃなくて鼻毛やスネ毛も真っ白に。ケツ毛だって白だ。

水戸アナル。

これが言いたかっただけ。

早起き。(うそ)

夜中にタバコをきらすと面倒だ。

ウチから自販機まで歩いて30秒だが深夜は自販機で買えない。
たばこや酒の売ってるコンビニまで歩いて5分。
でもたった5分のために着替えるのは面倒だし、冬の夜は寒い。

そもそも未成年者に買わせないための深夜販売禁止なら間違ってる。
むしろ深夜だけ売るべきじゃないか。大人のオモチャ屋みたいに。

実際そんなことになったら一番文句言いそうなボクですが。

今から実家に帰る。

起きたら携帯がなくなっていた。

寝起きというのは不思議なもので、明らかに状況を判断できない。
いつも携帯のアラームで起きるのに、ボクはどうやって目が覚めたんだ?

少し目が覚めてから冷静にベッドまわりを探す。ない。
ベッドの上に立ち、俯瞰で部屋をくまなく見回す。ない。
トイレや冷蔵庫。押し入れの中や洗濯機の中も探すが携帯がない。

全然携帯できてない。

最終的にはまくらカバーの中から発見。
まさに『灯台元暗し』、というか見えねえよ。まぁ発見できてよかった。

「少し目が覚めてから〜」とは書いたが冷蔵庫の中を探す時点で寝ぼけてる。
真剣に「小人さん説」まで考えた。

携帯電話から更新。

ひとつ前のコラムで「子人さん」と書いたが「小人さん」の間違いだ。
何人かの読者からの指摘。恥ずかしいのですぐ直した。

>「子人」って字を見てなぜかアフロが連想されてしばらく悩みましたが
>これは子門真人のせいでしょうね、たぶん。

こんなコメントも頂いた。
あーそうそう、ボクも連想しました。

「子人」で子門真人を連想してしまうのはすごいと思う。2002年なのに。
読者と繋がってると実感する瞬間。

子門真人が読者だったらすごくウレシイ。

スポンサーリンク