2000.10

休みの日は雨ばかり。

「孫」がヒットした大泉逸郎が密かに「孫びいき」という曲を出していた。自分の曲の2匹目のどじょうを狙っているようだ。

シリーズ化を狙っているとも考えられる。THE 虎舞竜みたいに。

そういえば虎舞竜の「ロード」は第13章まであると聞いたことがある。ボクが知ってるのは第2章までだ。手話をしながら歌っていた。

  • ロード第3章 パントマイムをしながら歌う。
  • ロード第4章 マラソンをしながら歌う。
  • ロード第5章 スカイダイビングで飛びながら歌う。

第13章ぐらいで歌い終わったあと力尽きて死ぬ。

大泉逸郎の場合、第6章ぐらいで寿命で死にそう。第7章以降は孫が歌う。

お買い物デー。

小学生の頃、避難訓練で死にかけたことがある。

昼休み、友人数人と教室でトランプをしていた。ふと気付くと教室にはボクらだけ。みんなどこ行ったんだ。廊下の様子を見ようとドアを開けると目の前は真っ白。

どうやらボクらの知らないうちに避難訓練は始まっていたようなのだ。ダミーの煙幕だが量が半端じゃない。視界ゼロ。慌ててドアを閉めた。

そのままトランプの続きをしようと思ったが煙は教室にも入ってきた。窓を開けるがすでに教室の中も真っ白だ。やばい。逃げなければ。

ホントに1メートル先も見えない廊下をゲホゲホしながら走ったのを覚えている。なんとか校庭に出るとちょうど全校生徒が解散した瞬間だった。

非難訓練の演出に窒息死しそうなくらいの煙幕を用意する小学校。

ボクはそこで多くを学んだ。

フラフラしてる。

具合が悪いので早退してきた。家でゆっくりドラクエでもやろう。

しかしテレビがおかしい。1分おきぐらいに激しくぶれる。しばらくして、「ブツッ」と切れた。リモコンも本体の電源もきかない。おいおい、ドラクエできねーよー。

接触が悪いのかと思いコンセントを触ろうとした瞬間、「ブンッ」と復活した。鮮明な映像がそこに流れている。まるで何事もなかったような顔だ。テレビが。

しかしボクが座るとまた画面がぶれだして、「ブツッ」と消える。そしてコンセントを触ろうとすると「ブンッ」と復活する。

その後も、「座る→ぶれる→立つ→消える→コンセント→復活」を何度もリピートした。

熱があるのにボクは家でドリフみたいなことをしている。

風邪ぐすり飲んでだるだる。

どうもボクの第六感はヅラに出会う能力にも秀でてきたようだ。

電車の中などは当然として、トイレ、エレベーター、初めて入ったコンビニの店員など多くの場面でフェイクヘアーに出会ってしまう。この能力をうまくビジネスに使えば一財産築けそうな気すらする。

だいたいどのパターンもモミアゲが浮いてたり、微妙にずれてたりする。ちょっとまわりをよく見る人ならイヤでも発見するパターン。

一番驚いたのはおでこをポリポリかいてたオッサンが、「ズボッ!」っとヅラの中に手をいれて頭をボリボリしだしたシチュエーションだ。

新しい形のカミングアウトがここに。

眠いのは薬のせいじゃないな。

ピザ屋の注文カタログを見ていた。そして実はすごい名前が並んでる事実に気付いた。

ガリチョ、ボンバー、バスターズ、ハワイアンデライト、ニューフィッシャー、メガミート、TNTダイナマイツ

どれも必殺技みたいな名前だ。こんなものを食べていたのか。

だいたい名前から具が連想できない。
せめて「TNTダイナマイツ」のTNTだけでもなんの略なのか当てたい。

田中(T)、中島(N)、富永(T)

爆発するのか。

実は大変なんじゃないか。

3日ぶりにテレビをつけたがやっぱり電源が入らない。完全に壊れたようだ。

そして今日、階段の電球が「バチッ」と切れた。暗い階段を上がり廊下の電気を点けたらまた「バチッ」と切れた。さらに何もしてないのにファックスから白紙の紙が何枚も出てきた。

21世紀を目前にしてボクが新たに習得したアビリティは「電化製品が壊れる」だ。

呪われてるという可能性もある。

来週こそは日付が変わる前に帰るぞ。

読者からのメールなどでは「Keiさん」と表記される事が多い。

プロフィールページにそう書いてあるからだろう。あそこに書けばオフィシャルという事になるのかもしれない。

今日もらったメールでは「フリスタさん」と呼ばれた。合ってるような違うような微妙なニュアンスだ。

そんなボクは読者から「コラムさん」と呼ばれた事もある。

それは違うだろ。

こんばんわ、コラムです。

鳥取ですごい地震があった時はもくもくと働いていた。東京もかなり揺れたのだが職場の人はボクを含め全然気付かなかった。

みんながみんな「やっべー、オレ目まいしてるよー」と内心思ってたのだ。地震という事実すら受け入れられない職場。みんな疲れてる。

このまま働き続けると悟りを開けるかもしれない。たとえ火事になっても気にせず仕事を続ける。気にしないというか気付かない。それは悟りなのか。

もし転職するなら再春館製薬がいい。
一日中ドモホルンリンクルが一滴づつ抽出されるのをじっと見守る仕事をする。

それはそれで罰ゲームっぽいが。

シールを買うのに20分もレジに並んだ。

ソコンの参考書で「はじめての○○」というシリーズがある。

  • はじめてのエクセル・ワード
  • はじめてのフォトショップ5.5
  • はじめてのアウトルックエクスプレス

たぶん「初心者に優しく」をコンセプトにしてるのだろう。なんてことない内容しか載ってないのだが確かにわかりやすそうな名前ではある。

「はじめての」がひらがななのがポイントか。ひらがなだとわかりやすいイメージになるのかも。

「アドレスちょうをえくすぽーとしてアウトルックなどほかのメールぷろぐらむでつかう」
「あどれすちょうからもくてきのれんらくさきをだぶるくりっくする」

わかりやすいハズなのに、なんかバカが感染しそうだ。

スポンサーリンク