2003.05

ようするに電磁波にやられちゃった人達ですか。あの白い人達は。

昔よく行ったそば屋にスタミナ定食というメニューがあった。

盛りそばに天ぷらと刺身とカツ丼が付く。すごいボリューム。
スタミナ定食というよりは『おなかいっぱい定食』といった内容。

そもそもスタミナがないと食べきれないのではないか。そういう意味のネーミングなのか?そう考えると他のメニューも意味が変わってくる。

『きまぐれサラダ』とかよくあるけど、あれも作ったシェフではなく食べる人の方が気まぐれなのかもしれない。

・ラストオーダーだからなんとなく注文(実はおなかいっぱい)
・あたしダイエット中だからー(でも三日坊主)
・クルトンが食べたいだけ

きまぐれな人が食べるきまぐれサラダ。作ってるシェフはいたってまじめ。

更新忘れてた。

新しい戦隊モノを考えた。その名も『バカレンジャー』。

リーダーはもちろんバカレッド。
正義感と男気あふれる青年だが、バカだから仲間のピンチに気付かない。バカブルーやバカブラックが死にそうになってても家でプレステで遊んでる。

バカピンクはセンター街で地べたに座ってる。携帯電話が武器になってるがメールしか使わない。バカイエローはCOCO壱の1300gカレーをおかわりする。

ここまでくると戦いぶりが気になるところだが、バカだから変身ポーズを覚えられない。巨大ロボも持ってるが操縦の仕方がわからない。

怪人達も呆れて帰ってしまう始末。結果、無血勝利。PTAも大喜び。

発想は小学生並みだが番組を面白くする自信はある。

今日はノースリーブ。わき毛フリーダム。

例の白ずくめの人達が、「タマちゃんにエサをあげてた」と発表した。

あのホタテを投げてた人達がそうだったのだろうか。そんな気がする。

だってホタテ白いじゃん。

あれがマグロだったらおかしなことになるのだがホタテならOKだ。イカでもいい。エサをあげながらも自分たちのポリシーは守っていたのか。

考えてみると川にホタテを投げるってかなりシュールな光景だ。小石やビニール傘を投げるのとはわけが違う。ボクも投げてみたい。

フリスビーの要領でおもいっきり投げる。タマちゃんとか関係ない。

暑いよぅ。

前にも書いたけど、タマちゃんって絶対背後に演出家がいると思う。

少しブームが落ち着いたと思ったら、また行方不明になったりカルト集団にエサもらってたり、釣り針が刺さったりしてる。

この話題の振り方はタイミング良すぎるだろう。広告代理店が絡んでるのは間違いないと思う。たぶん今後の流れは、

・タマちゃん保護される。
・南極へ空輸、現地のアザラシに馴染むまでをテレビ放送
・タマちゃん THE MOVIE (ムツゴロウさん監修)
・タマちゃん THE MOVIE 2 『タマちゃんvsメカタマちゃん』

調子に乗ってちょくちょく銀座で接待とかされてると思う。
あの釣り針だってピアスかもしれない。

コーヒー飲みすぎだな。

金閣寺のことを考えていた。

名前だけでなくホントに金色にされてしまったことで自由がきかなくなってるんじゃないだろうか。もっと普通でいたいと思ってるかもしれない。

ふりかけごはんが食べたい。漫画喫茶に行きたい。白木屋で飲みたい。
でもそんなことはやりにくいのだ。ピカピカだから。

ゴージャスなのにこのやるせなさ。

よく一緒に紹介される銀閣寺が、名前のわりに全然銀色じゃないことがくやしさに拍車をかける。ああ、あいつはまわりに馴染んでるのに!

どこか後ろ髪を伸ばされたヤンキーの子供に似ている。

スポンサーリンク